クロスボーダー取引における「ターンキー経営」とは?

ターンキー(Turn key)つまり、鍵を回すだけでエンジンがかかるように、経営指示のみ与えるだけで事業が運営できるという意味で用いています。

当社の「運営委託サービス」は、このターンキー経営を可能とするサービスです。

クロスボーダーM&Aにおいて、この意味は非常に大きく、

「結局、海外の会社を買ってどうやって運営していけばいいのか?」
「英語ができないから自分には海外進出は難しいのでは?」

などの不安が払拭されます。

ご自身の経営ビジョンをリクエストいただき、自分の思った範囲で経営に参加すればいいだけです。

つまり・・・
煩わしい雑務を行わずに海外事業経営の醍醐味が味わえるのです。