この時代だからこそアメリカ進出を検討する価値

アメリカ経済は、日本以上に新型コロナウイルスの影響を受けていると言われています。

そんな状況も、一方ではビジネスチャンスの機会を生み出しています。

日本企業がアメリカ進出を目指す上でも追い風となるため、進出検討の余地は十分にあると言えます。

コロナ混乱下だからこそ北米進出に適している?

日本でも新型コロナウイルスの打撃で、経営や資金繰りに苦労している企業が増えています。

このような状況下でアメリカ進出など考えている余裕はないと考える方も多いのではと思われますが、実はこの状況だからこそアメリカ進出に適していると言える側面もあるのです。

スモールビジネスを狙う

どうして現在がアメリカ進出に適しているのか?

その理由の一つがアメリカの「スモールビジネス」に対する位置づけです。

世界に名立たる大企業がひしめく印象が強いアメリカですが、実際には中小企業つまりスモールビジネスが活発な国であるという側面もあります。

今回のコロナ禍では、このようなスモールビジネスの担い手達が最も大きな被害を受けています。

アメリカではそうしたスモールビシネスの担い手を救済・再生する仕組みが発達しています。

アメリカでは、大資本家に市場を独占されることを警戒しなければならないという大国家ならではの事情がある為、国や州としてのスモールビジネスへの救済対応が非常に厚いのです。また民間でもスモールビジネスの再生・救済を目的としたファンドなどが多数あります。

つまり、経営悪化したスモールビジネスに対し、必ずこれを回復させようという国としての強い意志があるのです。

悪化から回復へのプラス成長期に投資することは、正にビジネスチャンスであると言えます。そしてこうしたチャンスが今後さらに増えていくことが予想されます。

経営悪化時こそ買収交渉がし易い

このチャンスを生かすための方法のひとつとして、

【資金調達に困窮するスモールビジネスを有利な条件で買収すること】

が挙げられます。

そもそもM&Aは、景気が後退した時期に活発化すると言われています。

厳しい経済状況に陥った企業・事業は買収交渉がし易くなるため、市場に参入するチャンスを伺っている大手企業が待っていましたとばかりに動き出す為です。

少し乱暴な言い方ですが、現在のコロナ禍は買い手企業にとっては非常においしいタイミングであり、ある意味日本企業のアメリカ進出に門戸を開いているような状況とも言えるのです。

景気回復の波に乗る

北米進出成功のポイントはコロナ収束後の景気回復にあります。

2020年9月現在でも1日数万人の新規感染者というパンデミック状態がいつまで続くかは未だ不透明ですが、間違いないのは収束とともにアメリカの市場が急回復するということです。

そして、その際には当然大きなビジネスチャンスが生まれます。

まして中国との経済競争や貿易摩擦が過激化している昨今、アメリカ側にしても日本企業資本は歓迎のはずです。

6ヶ月程度かけて具体的なアメリカ進出の準備を行い、1年後には進出を果たす。その後、急速な景気回復が進むアメリカ市場の波に乗る…

そんなビジョンを見据えて、現在からアメリカ進出の準備を検討する価値は十分にあるのではないでしょうか。

アメリカ進出をもっと簡単に…「ターンキーM&A」

ターンキーM&Aとは、海外M&A買収後の煩雑な継承・人材・法務・会計・インフラさらには継続的なマネジメントまで全て整えられた商品サービスのことです。

海外進出時の異文化リスク、人材リスク、継承リスクなど様々な問題を低減します。
今後の事業戦略の選択肢のひとつとしてお留め置きください。