海外M&Aが企業にもたらすメリットや魅力を理解しよう

海外M&Aには、海外でのスピーディーな事業展開が可能になるだけでなく、低コストで新たな人材の発掘が見込めるなど、明確なメリットがあります。そのため、国内の市場規模縮小に頭を悩ませている多くの国内企業が注目しているわけです。

多くの国内企業から注目される海外M&A

会社の規模や業種に関わりなく、すべての経営者は運営している事業の安定的な成長を目指しています。

とはいえ、市場のグローバル化が急速に進み、多数の競合企業としのぎを削るなかでシェアを安定して確保していくのは容易なことではありません。

そこで多くの国内企業から注目を浴びているビジネス手法が「海外M&A」です。

実際、海外M&Aに関連する事業取引は近年大きく拡大しています。

海外M&Aが増加している背景

海外M&Aを利用する国内企業が大きく増加している背景には「国内の市場規模が頭打ちになってきている」という点が挙げられます。

国内全体で少子高齢化の影響が広がっており、労働者人口が減少しているだけでなく、市場規模としても徐々に縮小していくだろうと予想されているのです。

そのため、大規模な投資を行ってもどれほどの費用対効果が見込めるかに関して疑問が残ります。

一方、アジアやアフリカなどを中心として、海外における経済規模は引き続き成長傾向にあります。

そのため、スピーディーな海外への事業展開を後押ししてくれる海外M&Aに関して期待が高まっているというわけです。

海外M&Aを実施するメリット

成長率の高い市場へ参入できる

海外M&Aを利用する1つ目のメリットは「成長率の高い市場へ参入できる」という点でしょう。

先述の通り、国内でこれから需要拡大が見込まれる市場は非常に限られています。

一方、海外には豊富な労働力と莫大な市場規模を抱える国が数多くあるのです。

海外M&Aを行って現地企業との資本提携などを行うことで、そうした市場へスピーディーに参加することができます。

アドバイザーのサポートを受けて、よりポテンシャルのある市場を持つ国はどこかを的確に見定めることで、リスクマネジメントを取りつつ成功する可能性の高い市場へ事業を展開していくことができるでしょう。

事業の立ち上げが容易

海外M&Aの持つ2つ目のメリットとしては「事業の立ち上げが容易」という点が挙げられます。

以前は国内企業が海外で事業を展開するというとき、現地法人の立ち上げなどをゼロから行う必要がありました。

そうなると、現地の法律に精通したメンバーを多数揃えて送り込む必要があり、事業がスタートする前の段階で膨大な時間と費用がかかりました。

一方、海外M&Aであれば、現地で既に事業を運営している企業に対して資本提携などの方法でアプローチしていくわけなので、新規立ち上げと比較すると時間と労力を大幅に削減することができます。

すでに現地で成功しているノウハウをそのまま継続して活用できるというのは非常に魅力的なポイントと言うことができるでしょう。

コストを削減できる

「コストを削減できる」という点も海外M&Aのメリットと言えるでしょう。

国内のみで事業を運営する場合と比較して、海外で事業を運営する場合には総じて人件費を抑えられるという魅力があります。(ただしこの点は進出国の物価に依ります。)

また、事業に関連した資源が豊富な国であれば、原材料費なども大きくカットすることができるでしょう。

海外M&Aによって展開した事業が安定していけば、国内から海外へ拠点を動かしてさらにコストを抑えるということも可能となります。

これまでにない人材の発掘が見込める

海外M&Aによって企業にもたらされる4つ目のメリットは「これまでにない人材の発掘が見込める」という点です。

日本国内の当たり前に染まっていない人材から提供された斬新かつ画期的なアイデアによって、企業の柱となる新たな事業分野が生まれ、会社として大きく成長したというケースは珍しくありません。

海外で生まれた商品やサービスを日本国内へ展開するという逆輸入スタイルで成功した事例もあります。

こうした分かりやすいメリットがあるため、多くの国内企業が海外M&Aを実施するチャンスを探しているわけです。

アメリカ進出をもっと簡単に…「ターンキーM&A」

ターンキーM&Aとは、海外M&A買収後の煩雑な継承・人材・法務・会計・インフラさらには継続的なマネジメントまで全て整えられた商品サービスのことです。

海外進出時の異文化リスク、人材リスク、継承リスクなど様々な問題を低減します。
今後の事業戦略の選択肢のひとつとしてお留め置きください。