クロスボーダーM&Aは海外進出の足掛かりに最適

国内経済の先行きが不透明である中、ここ数年、経営資源の国際分散が非常に大きく語られています。
また、現状打破にと海外拠点を持ち、グローバルなシナジー効果を求める企業も数多く存在します。

とはいえ見知らぬ土地の中にいきなり新規で事業をスタートさせるのは、なかなか難しいものでもあります。

そこで、現地に「早く」、「楽に」参入する方法の一つが海外M&Aです。

海外M&Aを利用すれば「すでに動いている事業」が手に入る為、新規事業立ち上げ時に不安となる「法律」、「雇用」、「不動産等」の問題が一気に解決されます。

前期までの実績があるものですので、新規開業に比べ、大幅にリスクが軽減されている強みもあります。

また、新たな市場でのビジネスは、既存市場ではありえない飛躍的な成長の可能性を秘めています。
海外M&Aでビジネスを保有することで、あなたはその飛躍のチケットを手にするのです。

但し、、、
トップページでも申し上げているように現地のビジネス慣習が分からないままでは、失敗の確率が高まってしまいます。

そこで是非とも我々の「ターンキーM&Aサービス」をご検討ください。

リスクを最小限に抑えつつ海外進出の足掛かりを手にできます。

アメリカ進出をもっと簡単に…「ターンキーM&A」

ターンキーM&Aとは、海外M&A買収後の煩雑な継承・人材・法務・会計・インフラさらには継続的なマネジメントまで全て整えられた商品サービスのことです。

海外進出時の異文化リスク、人材リスク、継承リスクなど様々な問題を低減します。
今後の事業戦略の選択肢のひとつとしてお留め置きください。