アメリカでビジネス買収をする5の理由

1.巨大な市場、多様な案件

アメリカでは設立当初からバイアウトを目的にしている経営者も多く、多種多様なラインナップから多くの選択肢を得られます。

2.キャッシュフローを重視した案件

B/Sを重視し「資産を買う」側面が強い日本型M&A。対してアメリカではP/Lつまり「利益を生むシステム」が重視される為、純投資としても面白い案件が見つかるはずです。

3.アーンアウト・分割払いの交渉が可能

一括払いが主流の日本ではまだ浸透していませんが、アメリカでは一般的な交渉条項です。うまく利用できれば買収コストを劇的に抑えられます。

4.国際資産分散

アメリカのGDPは世界一、実に日本の4倍以上です(2021)。国際的な資産分散の必要性が高まるなか、自由経済の象徴であるアメリカは最も信頼できる市場を有していると言えます。

5.現地マネジメント方法の確立

「ビジネス慣習の違いが不安」「適当な現地駐在員がいない」などの問題を解消するため、当社オプションサービスで現地マネジメントを受託しております。(事業により受託可/不可の場合があります。)

販売案件情報です。情報はごく一部のものであり、条件を頂ければ案件探索することが可能です。情報は、売主サイ
アメリカ進出を現実的な選択肢に。 海外進出は魅力の反面、実現させるのに多大な労力を要します。 ターンキー
買収コストはできる限り抑えたいもの。 そこで用いたいのが「分割払い」の交渉です。 日本でのM&A
Shake, Hands

最良のビジネスコンシェルジュ

M&Aサポートだけでなく、クライアント毎の様々なニーズに柔軟にお応えします。買収後の経営も含めコーディネイトできることが当社の強みです。

JQ036_350A

日本人スタッフ対応

日本オフィスに常駐の日本人スタッフが対応いたします。また、現地ビジネスマネージャーも日本語OK・通訳も兼ねますので、英語不要でお取引可能です。

JQ155_72A

秘密厳守

当社は、ご相談から買収後まであらゆる段階でクライアント情報を厳重に秘匿しております為、公開会社様にもご安心してご利用いただけます。

Recent Listings
Posts
Featured

SAMPLE VIDEO

私たちが取り扱う案件


What is Turn key M&A?

ターンキーM&Aとは?

ターンキー、つまり鍵を回すだけで運営開始できるように、
北米企業M&A・継承サポート・臨時経営者派遣を含んだワンストップサービスです。

買収後の煩雑な継承・人材・法務・会計・インフラさらには自社駐在員の育成まで全て整える為、
北米進出にハードルを感じている日本企業様に対し、手軽で精度の高い買収戦略を提供します。

国際間のリスクを解消

pr8

クロスボーダーM&Aで最も大きなリスクが海外とのビジネス慣習の差。ターンキーM&Aでは現地スタッフがM&A交渉・継承業務の矢面に立つことも可能ですので、国際間ギャップによるリスクが無くなります。

続きを読む

駐在員不足を解消

pr4

海外進出するうえで、多くの企業が頭を抱えているのが海外の駐在員の育成です。ターンキーM&Aでは現地に精通したマネージャーと共に運営しながらの駐在員育成が可能です。

続きを読む

アメリカ支社をリモートで

pr3

継承時や買収後の運用フォローなど「カギを回すだけ」の状態まで現地スタッフによるサポートが可能な為、日本にいながらの遠隔買収・遠隔経営を可能にします。

続きを読む


Characteristics of Business

ビジネスの特徴-ターンキーM&Aは2つのフェーズに分かれます

M&A phase

M&Aフェーズ

画像をアップロード

ワンストップのM&Aサポートを提供

多くの場合、ビルを建築する際はゼネコンにワンストップで発注します。工程ごとに専門家、職人を別々に発注するケースは極稀です。

我々はM&Aサポートにおいても、ワンストップで行うということを重要に考えております。

ひとつのアドバイザーが、計画初期から最終局面まで見据えてプロジェクトを共に進行させるからこそ、クライアントのビジョンを正確に反映できる為です。


Management phase

経営フェーズ

画像をアップロード

煩雑な統合・継承さらには人材不足を解消!

海外M&Aは、「クロージングで終了」ではありません。

そもそも最重要と言われるPMMやPMI(買収後の統合プロセス)に「国際間の慣習の違い」という要素が加わり、最も難解で煩雑なフェーズが待っています。

我々は、この統合プロセスに現地スタッフを介在させます。

これにより旧経営者や従業員、取引先との国際間ギャップは除かれ、同国内取引と同様にスムーズな継承を可能とします。


ご覧いただきありがとうございます

是非一度お会いしてビジョンをお話し頂けませんか?
まずは米国に対象の案件があるか確認してみることをお勧めします。


PAGE TOP
MENU